2019
01.26
暖かい家@高尾 床下エアコンで床の温度が22℃を越える暖かさ

冬の入居宅体感会@「高尾の家」日陰の床・壁の温度が22度越え

お知らせ, 建築と間取り

本日、高尾の家の体感会が 4組のご家族の参加をいただき、 無事終了しました。
外気は7,8℃でしたが、一歩玄関に入った皆様の第一声は「あったかい!」

見学会時の外気温は8℃。
今日の八王子市の外気温(天気気象協会データより)
室内の壁も床と同じ22℃越えを計測

室内はトイレや洗面室、リビングと、どのスペースを計測してもほぼ22℃とほぼ一緒で、それは床のみならず壁も同じ温度。


なぜ同じ温度なのでしょうか?
パッシブエアサイクル(PAC)住宅の外張り断熱・パッシブソーラーの壁の中に空気が流れるしくみにより、床下に暖気を吹きだすエアコンの熱が家全体を暖めるからです。

1階の押入れにある床下エアコンを説明くださる施主のK様
1階の押入れにある床下エアコンを説明くださる施主のK様

K様邸は、高尾にほど近い八王子の地で、80代のご両親様との二世帯の暮らし。
エアコンは27℃に設定して、天気予報を見ながら稼動する時間を調整して室温22℃越えを実現されています。

ご家族のお好みによっては室温18℃でも大丈夫なご家庭もありますので、エアコンの設定温度、稼動時間を調整して、そのお宅にあった暖かい家にすることができます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly