2022
03.01

風のたより2022年3月号~中野区T様邸、完成しました

家づくり・建築のこと, 風の便り通信

桃の節句
3月は桃の節句。私は幼い頃からお人形遊び等よりも外で泥んこになって遊ぶのが好きな性質でしたので、母が毎年飾ってくれていたお雛様には正直あまり興味はなかった様に思います。
それでも母から誘われれば人形や道具の出し入れや飾り付けも一緒にしましたし、母の目を盗んで五人囃子の太鼓をおもちゃに遊んで叱られたことも今では懐かしい思い出です。


写真は孫が生まれた時に娘へ贈った吹きガラス工房「Fusion Factory」のお雛様です。色鮮やかな錦織の着物をオールガラスで表現している素晴らしい作品なのですが、この雛飾りを喜んでいるのは周りの大人だけ。かつて私もそうだった様に、孫(3歳)は部屋の飾り物くらいにしか思ってません。
でも彼女が大人になってどこかで雛飾りをみた時に、「そういえば毎年ママがお雛様を飾ってくれてたな」と、思い出を振り返って家族で重ねたその時間を慈しんでくれたら十分と思いますし、彼女たちにとって季節折々の年中行事がそんなきっかけとなればいいなと思っています。

市川小奈枝

断熱と耐震補強のリフォーム工事中
八王子で、築42年の戸建木造のリフォーム工事が始まっています。
室内の床、壁、天井の解体(写真)を終えたところでコンクリートの基礎に弱いところが発見されました。耐震性を高めるため、鉄筋を組んでコンクリートの増し打ち施工の準備に取り掛かっています。基礎の補強が終わり次第、木造部分の耐震補強です。
当初の計画より大掛かりな工事になりそうですが、速やかに対応していただけるお客様と、柔軟に計画変更の段取りをしてくれている鳶さんに感謝です。

工事部 堤勇人

 

中野のT様邸完成しました
温度差が少なく快適な住空間、自然素材、高い耐震性能(等級3)をベースに計画した、個性豊かなご家族のための住宅です。
打合せの中心は多趣味なお母さん。歌に着物に歌舞伎、忙しい時間の間を縫っての打合せでした。

 

 

間取りは家族やお孫さんたちが来た時に集まるLDKを中心としたオープンな1階。

 

各自のプライベート空間が中心の2階。

 

ロフトは、お孫さんたちの秘密基地に。

 

各フロアをつなぐ階段は窓の計画や階段のデザイン(一部スケルトン)によって、明るさや空気の流れ、人の気配を感じさせてくれるゾーンです。

 

建て替え前の家にあった背比べの記録が刻まれた柱をリビングの壁に埋め込むなど思い出を引き継いだ家になっています。

 

泉池建築設計事務所 泉池広幸

 

◇3月のテーマは「卒業」です◇

 

この春、娘が高校を卒業しました。三年は早いですね。印象に残っている卒業は保育園の卒園式。娘は1歳から同じ保育園でしたのでたっぷり約5年。共に育った子供たちの成長ぶりにママたち号泣。我が家は保育園の先生方に育ててもらったようなもので感謝しかありません。
自然食品店はる菜 増田浩一

 

卒業式。子どもにとっても、親にとっても大きな節目。日頃、見落としていた我が子の成長を噛み締めながら、我が子の喜びや悲しみの日々が蘇る。自分もよく頑張ったな〜とその日は胸が熱くなる。
兵庫県 みきひろこ

 

卒業は様々な気づきを与えてくれ、新たな世界へ進めるもの、卒業したことで初めて気づくその存在の有り難さや自分が成長していたこと、新たな世界へのワクワクとドキドキ、様々な自分を発見するのが卒業だと思う。
兵庫県 三木 ゆい(14歳)

 

◇この欄に原稿をお寄せください。4月のテーマは「チャレンジ」です。80~100字程度にまとめていただき、メールまたは郵送で3月20日までにお送りください。皆様の声をお待ちしています。

 

個別相談会
家づくりのこと、土地探しのこと、リフォームのことなど、住まいに関わるご相談を個別に承ります。直接お目にかかってのご相談でも、オンラインでも、どちらでもOK。ご希望のスタイルと日時をお知らせ下さい。

詳細・お申し込みは、電話・メール・webにて承ります。


家づくり・リフォームを成功させるためのヒントがいっぱい!
エアサイクルハウジング通信「風のたより」のバックナンバーはこちらからご覧いただけます。


エアサイクルハウジング
株式会社ひらい 東京営業所
〒105-0014 東京都港区芝2-30-15 MMSビルディング2階
TEL 03-6811-5085
FAX 03-6811-5086
公式HP https://www.passive.co.jp/
e-mail passive@pppac.com