2019
07.07

収納ヒント集!① 片づけが苦手でも大丈夫。

家づくり・建築のこと

家づくりの際に要望されることの筆頭に「収納はたっぷりほしい」があります。
きっと今収納に困っているから、家を建てるときには解決したい!という方が多いのでしょうね。
お打合せでは、現在お持ちのものをヒアリングさせていただき、もし不要なものがあれば処分頂きながら、適切な収納を計画していきます。

私たちは収納部分を手づくりすることが多いのですが、
そのメリットは
限りあるスペースを有効活用できる
家のデザインを統一できる
作り付けで収納家具の転倒を防止する

などがあります。
例えば、洋服タンスよりも、天井までの高さをすべて使う上部の棚(枕棚「まくらだな」と言います)とハンガーパイプのほうが、収納量がぐっと増えます。
( ↓ 枕棚とハンガーパイプ )

マンションリフォーム事例
1部屋をクローゼット専用とし、枕棚とハンガーパイプで洋服を大収納できます。


入念な打合せを経て実現された収納の数々、第一弾は玄関収納をご紹介します。

◆ 玄関土間収納

玄関の靴箱とは別に、土間続きの収納スペースを造作しました。
奥の可動式棚には、毎日は使わないレインブーツ、小物類、見えませんが電気自転車の充電器などがあります。
ハンガーパイプの洋服かけ、傘立など使いやすく、見やすく収納されています。

そしてこのスペースの要は、引き戸があること。
急な来客の際にも引き戸を締めてしまえば、すっきりが、奥様のご要望でした。

玄関土間収納の家の建築事例はこちら

◆ 玄関の壁面収納

玄関壁面収納

左右の壁にしっかり作った靴箱、多目的収納

玄関の左手壁には使いやすい高さの靴箱をつくり(高さ1260mm)、奥行きは男性の靴もゆったり納まる400mmを確保しています。
宅急便の受け取りに必要な印鑑は、こちらに入れるのが取りやすくておススメです。

右手壁には壁全部(3600mm)を使ったたっぷりの収納を作っています。
収納に向かって右半分は枕棚とハンガーパイプで外出時に使いたいジャケット、コート、雨具などを収納。
靴をはかずに手に取れる側に配置しているので、便利です。

左半分は、傘、鍵などの小物入れ、工具やガーデニング用品などを収納できる可動式の棚をいれています。

靴箱の上部は、季節の草花や旧宅で使っていたタイルプレートなどを飾るスペースに使用。
靴箱の下の空間は、普段使いのサンダルや一日履いた靴を休ませるスペースとして活用いただけます。

収納の扉は無垢のオーク材を使用しています。

玄関壁面収納の家 建築事例はこちら

スタッフ 内藤千春



------------------

★イベント情報はこちらから
http://www.passive.co.jp/event/


★お問い合わせ、ご相談、見積もりのご依頼はこちらから
https://www.passive.co.jp/contact/
0120-298-110

★メルマガ登録しませんか?
家づくりを後悔しないためのヒントやイベント情報など、定期的にメールでお送りしています。下記よりご登録ください。
メルマガ登録こちら

東京・日本橋の工務店 エアサイクルハウジング㈱
公式HP   http://www.passive.co.jp/
tel    03-5255-3771
メール  passive@pppac.com
住所   東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ-3階
施工エリア   東京・埼玉・神奈川・千葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly