2020
10.18

マンションリノベーション事例 ❛サワラのフローリング❛

家づくり・建築のこと

サワラのフローリングってご存知ですか?
お魚の鰆ではありません。木の種類です。
ヒノキ科に属するサワラは、軽くて柔らかく、クセがないため扱いやすく、また水にも強いので昔から風呂桶等にも利用されてきた材料です。見た目はうっすらピンク色で優しい木目が特徴です。

サワラのフローリング施工事例
下の写真は、埼玉県志木市でマンションリノベーション工事をさせていただいた時のものです。
このお宅は以前の家の床がサワラでした。その肌合いがお好きだったそうで、今回の工事でも床はサワラを指定されました。

工事前
リビング続きには暗くて風通しが悪い和室がありました。

 

工事後
リビング続きの和室を解体し、リビングフロアを広げました。床は埼玉飯能のサワラです。

飯能は優良な木材産地
当社ではサワラフローリングは飯能から仕入れています。
飯能で切り出される木材は西川材と呼ばれていて、「江戸の西の方の川から流れてくる材木」というのがネーミングの由来。古くは江戸の大火の時も、また関東大震災の時も、西川材は江戸東京の復興を支えてきた歴史があるのです。

志木の家のリビング
壁と天井は本漆喰コテ押さえで仕上げました

 

木は適材適所、お好みにあわせて
当社ではフローリングに、スギ、ヒノキ、サワラ、ナラ、サクラ、ウォールナット等を使うことが多いのですが、樹種によって堅さも木目も色合いも全く異なります。適材適所、お好みにあわせて使えばいいと思います。
芝の事務所には木材サンプルを各種ご用意していますので、ご関心ある方は是非お手に取ってご覧ください。

2020年10月25日(日)10時半~
オンラインにてリノベーション講座を開催します。お申込み受付中です。

上質な素材と間取りの工夫で、マンションを寛ぎの空間に。
暮らしに合わせて間取りを見直し、癒しの空間に変わったリノベーション事例、キッチンリフォームの事例をご紹介します。

詳細、お申し込みはこちらから
https://www.passive.co.jp/event/#event_215

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly