2018
12.21

久が原の家 外壁工事中

家づくり・建築のこと

大田区久が原の家
外壁工事が始まりました。
24ミリの外壁集熱通気層の上に透湿防水紙を貼り、さらにモルタル下地用のラス網を張ります。(写真)
ラス網はニチラスの防水紙つきアングルラスを使用。剛性の高いリブラスの大リブに防水紙を糊付けしているので、モルタル塗付け時のコテ圧による変形で、通気層を塞いでしまうことがないように考慮されている製品です。

ここから外壁下地のモルタル塗り、そして仕上げへと進んでいきます。年内には外壁の仕上げまで終える予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly