2020
07.02
漆喰

調湿作用のある漆喰のススメ&見学会のお知らせ

家づくり・建築のこと

すっきりしないお天気が続きますね。
洗濯物が乾きにくい、家の中がジメジメする、水廻りや玄関がにおう…など、この時期、住まいの湿気に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

湿度と気温が高くなるとカビやダニなどの繁殖も活発になり、アレルギー疾患などの健康への影響も気になります。
湿度が高い室内にいると、発汗による体温調節効果が下がり、熱中症になりやすくなるんだそうです。

そこで今日は、梅雨時も快適に過ごせる 漆喰 をご紹介します。 


◆湿気対策には「漆喰(しっくい)」がおすすめ

雨が続くと家の中がジメジメしますね。そんな時こそ漆喰が効果を発揮します。

湿度が高いときには余分な湿気を吸収し、逆に湿度が低い時には吸収した湿度を放出する 調湿作用のある漆喰 なら、エアコンや除湿器を使わなくても、部屋の中をいつでもサラッと保ってくれます。

その上、漆喰には臭いを吸着・分解してくれる機能もあります。靴箱、トイレ、ペットの臭いも気にならなくなります。

 

◆漆喰リフォームしたお客様の感想
漆喰リフォームをしたお客さまから、こんな喜びの声を多数いただいています。

「ビニルクロスの部屋より空気が澄んでいるように感じます」
「部屋干しの洗濯物が今までより早く乾くようになりました」
「アレルギーに悩んでいた息子の症状が軽くなった気がします」
「ペットの臭いが気になりません」
「加湿器、除湿器が不要になったので、処分しました」
「漆喰を塗ったキッチンの天井が、15年経っても綺麗なままで驚きです」

壁紙の汚れが目立ってきたから、そろそろ貼替えようか…
窓の結露をどうにかしたい…
ペットの臭いが気になる…
夏のジメジメ、ベタベタを解消したい…

そんなお考えの方がいらっしゃいましたら、漆喰リフォーム を検討してみてはいかがでしょうか?

◆漆喰の壁は光を反射して美しいのが特徴です(施工例)
漆喰

漆喰

漆喰

◆混ざりものの入った漆喰にご注意ください

見た目が美しく調湿性があり、抗菌作用のある漆喰の人気は高く、最近ではWEBやホームセンターでも買えるようになりました。自然素材のことを広く知られる機会が増えたのは、とても喜ばしいことなのですが、中には樹脂や化学糊などの混ざりものが入った商品も多いので、お気をつけください。

樹脂が混ざっている漆喰は、湿気調整や臭い吸着など、本来の漆喰が持つ機能を半減させてしまいます。


◆漆喰現場の見学にいらっしゃいませんか?

100%自然素材の 漆喰工事見学会 を開催します。
淡路島の左官職人 植田俊彦さんの匠の技をご覧いただけます。

場所 埼玉県所沢市(最寄り駅 新所沢)
日時 2020年7月12日(日曜日)10:00~15:00 各回2組様まで
見学ご希望の方は、下記までご連絡ください。
別日程でも個別にご案内が可能です。

ジメジメの季節こそ、ビニルクロスの壁とは違う 漆喰の気持ちよさ をご体感ください。

 

メールマガジン会員登録受付中
家づくりに関する情報や、メルマガ会員様だけにお知らせする勉強会情報など、メールでお届けしています。 下記よりご登録ください。
メルマガ登録

 

エアサイクルハウジング株式会社
東京都中央区日本橋2-9-4 VORT日本橋Ⅰ
03-5255-3771

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly